メンタルマネジメント講座 『夢源塾』

メンタルマネジメント講座 『夢源塾』

 

人生をより良く生きる秘訣

 

夢源塾写真

人はなぜ、人生をよりよく生きる人と、
そうでない人に分かれるのでしょう。

 

目的を達成し、成功を手にしたとしても、
それを持続出来ずにすぐに挫折する人もいれば、

 

たとえ失敗しても、どん底の中から
何度でも這い上がって復活する人もいます。

 

この違いはいったい何でしょうか。
一言でいうと、それは人の持つメンタルの違いです。
さらに言えば、メンタルの違いによって生じるエネルギーの差といえるでしょう。

 

自動車は、ガソリンというエネルギーが無くなると走りません。
人間の場合は、食べ物によってエネルギーを補給します。

 

生物は食べないと生きてはいけない、というのは常識ですが、
実はエネルギーのやり取りは、それだけではないのです。

 

人間は、日常に起こる様々な出来事に対する心の動きによって、
エネルギーが奪われたり、あるいは逆にエネルギーが補給されています。

 

つまり、心のあり方によって、エネルギーの消費量は大いに変わってくるのです。

 

戻る

 

人は無意識に、エネルギーの無駄遣いをしている

 

健康とは、病気にならないことを言うのでしょうか。
いえ、そうではありません。

 

真の健康というのは、エネルギーに満たされた状態のことを言うのです。

 

夢源塾写真

いくら栄養価の高い食事をして、

適度な運動をして、健康に気を付けていても、
ちょっとした心配事や、悩み苦しみが原因で
エネルギーが失われ、病気になることがあります。

 

キラーストレスという言葉を最近よく耳にしますが、
ストレスが原因で死に至ることさえあるのです。

 

肉体は目に見えるので、鍛えれば結果を実感できます。
その一方、心(メンタル)は目に見えないので、どうしてもおろそかになりがちです。

 

例えば、骨折をした場合、折れた部分を治療し、ギブスで固定した後安静にするでしょう。
誰も痛めた部分を上からハンマーでたたく人はいないはずです。

 

しかし、辛いことがあって心が折れそうになったときはどうでしょう。
折れそうに弱った心をいたわるどころか、どうして私はダメなんだろうと、
弱った心をハンマーで更にたたくように、自分を責めてはいないでしょうか。

 

そんなことをすれば、回復するどころか、ヒビが入った程度であったものが、
心の複雑骨折になりかねません。

 

そうやって、表面的には見えにくくてもエネルギーは確実に失われ、心の病気に至るのです
心も身体と同様に扱い方ひとつで、エネルギーがは上がったり、逆に下がったりします。
要するに、人は無意識にエネルギーの無駄遣いをしているということです。

 

弱った心をいたわるには、自分自身を勇気づけることが大事です。
そのためには、出来ない自分を責めるのではなく、
どうすれば前進するか、ということに意識を集中するのです。

 

肉体を鍛えるように、心も磨くことも出来ます。
それが、心のエネルギー量を管理する力、
いわゆるメンタルマネジメントを身に付けるということなのです。

 

戻る

 

 

成果を出している人は、エネルギーが循環している

 

イチロー選手のような超一流の選手は、人からどう思われるかよりも、自分がどう生きるかという軸に沿った発言と行動を常にしています。

 

50歳まで現役を続ける、という信念を持つからこそ、
脳はそのように身体に指令を出し、
身体はその通りに反応し、
それが、これまでの成績に繋がっています。

 

つまり思いと言葉と行動にズレがなく、
常に一直線でつながっている

 

だからこそエネルギーは、無駄なく循環しているのです。

 

アスリートに限らず、経営者、科学者、芸能人、その他どの分野においても
成果を出し続けている人は目に見える能力だけではなく、
目に見えない心のあり方、いわゆるメンタルマネジメントにも優れています。

 

彼らは、ものの見方、考え方、行動力、発想力、集中力、対応力、直観力、
決断力など、どれをとっても一流です。

 

なおかつ、何事に対しても人の責任にはせずに
全てを自分の責任として主体的に生きています。

 

いいかえれば、無駄なエネルギーを使わない心のあり方が備わっているのです。
だからこそ、長く結果を出し続けることが出来るのです。

 

戻る

 

心もトレーニングすれば必ず育つ

 

夢源塾写真

 

人間は、やればやるだけ成長するように出来ています。
泳ぎが苦手な人は、すぐには上手に泳げないでしょう。

 

しかし、泳げるようになろうと決意し、
繰り返しトレーニングすれば、誰でも泳げるようになります。

 

それが出来ない人は、常に人と比べ、
自分の出来ていない所に意識を向ける傾向があります。

 

そのため、自分自身が成長していることにに気がつかず、
やはり自分はダメだ、苦手だと言って
途中で挫折してしまいます。

 

もし何かを始めるときは、出来ていない方に意識を向けるのではなく、
少しでも出来ている方に意識を向ける事が大切です。

 

日々の小さな成果の積み重ねが、やがては大きな力になります。
メンタルもこれと同じです。トレーニングすれば必ず鍛えられるのです。

 

夢源塾では、エネルギーを高めるために必要な心のあり方を整え、
成果を上げるためのメンタルマネジメントの実践法を、わかりやすくお伝えしています。

 

仕事やスポーツで成果を出したい人、人間関係や健康で悩み、
ストレスで苦しんでいる人にとっては最適なプログラムです。

 

戻る

次のページへ>


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップメニュー 夢源塾について 講座コース 夢源塾日程表 プロフィール コンセプト 会社概要 ブログ